LINE PAYカードを使ってみた感想。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは(^^)

 

最近はキャッシュレス化を意識してるtaipです。

ポイントが溜まるのと支払履歴の管理が出来る事から、カードでの決済管理をおススメしてます。

最近はLINE PAYカードで決済を行っているので、実際使ってみた感想等を書いてみたいと思います♪

LINE PAYカードはお勧めなのか

靖国君
で、実際どうなの?
taip
断言します。おススメです!

もちろん使ってみた感想として、普通のクレジットカードとの違いもありますが、それでもLINE PAYカード推しです。

個人的に感じたメリット、デメリットと合わせて紹介したいと思います。

クレジットカードとの違いとは?

とりあえず自分なりにまとめてみました。

  LINE PAYカード クレジットカード
現金チャージ 必要 不要
与信審査 不要 必要
他のアカウントへの送金 可能 不可能
 入会金・年会費 無料 ※カードによって
 支払日 即日 翌月

メリット・デメリット

メリット

  • プリペイドカードなので、チャージしている分しか使えない▶使いすぎる事がない。(オートチャージ機能というのがあり、その機能を使うと残高が不足してても清算が可能。)
  • ポイント付与率が高い▶現在は100円2ポイントで恐らく現行ナンバーワン。
  • 溜まったポイントを現金に変えることが出来る。▶ポイントの使い道に迷わない。(但し振込手数料216円かかる)
  • LINEユーザーとの送金が可能▶割り勘時に便利。
  • プリペイドカードなので資金繰りに煩わしさがない▶翌月の支払いとかを考えなくて良い。

デメリット

  • チャージにクレジットカードが使えない▶あくまで個人的な主観です(;’∀’)
  • 残高が不足していると清算出来ない▶現在オートチャージ機能が出来る金融機関はメガバンク等だけ。僕が使ってるスルガ銀行はまだ使えない( ;∀;)
  • 署名の必要性▶コンビニ等は不要ですが、飲食店等では清算時に署名をしなくてはいけない。今後ICチップを付けるとかされてくるかな(*´ω`)

 

まだまだ発展途上のLINE PAYカードですが、最近は請求書支払い(東京電力が提携をして、電気料金の支払いをLINE PAYカードで可能に)も始まり、今後ますますの需要の拡大が見込めると予想してます♪

中国ではALIPAYやwechat payが主流です。(wechatはLINEの中国版)

それに比べればLINE PAYといった電子決済は日本は先進国でまだまだ遅い方です。

セキュリティ面での不安といった要素もあると思いますが、スマートフォンの普及で便利さは加速しています。

急速な時代の変化に取り残されないよう、変化に抵抗を受けずに色々取り組んでみたいと思いました(*’▽’)

 

とにもかくにもカード清算で悩んでいたら、とりあえずのLINE  PAYカードをおススメします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*