Zaimとマネフォを使ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは(^^)/

今日は家計簿アプリについて触れていきたいと思います♫

 

昔は家計簿といえばノートだったのに…。

スマホが定着してから家計簿もスマホで管理。凄い時代になったもんだ(ーー;)

僕は『Zaim』を2年ほど使ってましたが、最近『Money Forward(以下マネフォ)』に切り替えました♫

そこらへんの経緯も含めて、自分なりの考察を述べさせて頂きたいと思います。

Zaimとマネフォはどっちが良いの?

個人的には『Money Forward』推しです

理由は金融機関との連携数が圧倒的に多い事!!

特に証券の数が圧倒的に違いますね。(Zaimも今後は増やしていくでしょうが)

このアプリで一括管理出来るので、残高の把握とか色々楽なんですよねー。

分析についてはZaimのがし易いですね。

分析はざっくりみてから細かく見るタイプの僕には、マネフォの分析ツールが細かいと感じてしまいました。(慣れていない部分もありますが)

Zaimは無料プランでも分析出来ますが、マネフォは無料プランだと出来ません。

Zaimからマネフォに切り替えた際に思った事

僕だけかもしれないですが、大項目を変更する事出来ない。ってのに結構抵抗ありました。

Zaimってこんな感じです。


大項目を3つに分けて、それぞれに食費、交際費、車輌費といった細かい内訳を作成。


分析のグラフはまず大枠を捉えるようにしてました。

マネフォはこんな感じです。


大項目は変更する事が出来ない!!

大項目いじれないと結構細かくグラフで出てくるんですよね。

結局どっちが良いのか

なんだかんだ言っときながらやっぱマネフォです。

株、投資信託、仮想通貨等の残高まで把握出来ちゃうんですもん。

やっぱ一括管理は楽です!!

今後はマネフォを活用してキャッシュレス化に取り組んでいきます!!

『クレジット、電子マネー決済で、家計簿も自動で入力してくれる』&『ポイントも溜まる』&『残高も分かる』でより楽に、賢いライフスタイルを築いていきたいです(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*